骨盤の問題について

骨盤画像

特に女性にとっては気になる事が多い骨盤の問題。

骨盤の変位や歪みは腰や足、股関節などの症状をはじめ、女性の場合は生理やPMS(月経前症候群)、妊娠や出産など女性特有の問題の原因となる他、O脚やX脚の原因となったり、更には体型の崩れなどにも大きく影響しています。

●骨盤の捻じれや歪み、変位が起きると仙骨の上に並ぶ腰椎との関係が悪化し、それが原因での神経の圧迫による腰痛やまた骨盤周辺の筋肉が圧迫されたり、負荷がかかり続ける状態が発生し、骨盤や腰に痛みが生じる事があります。

それに骨盤中央の仙骨の状態は下半身の血行低下などにも大きく影響すると言われ、足のむくみや冷えなどを引き起こす一因と言われています。

●また骨盤の歪みや開きは腰だけでなく、股関節や足にも大きな影響を及ぼし、股関節の痛みや足の痛みやしびれを引き起こす原因になったり、左右の腸骨の変位や開きはO脚やX脚などの原因になったり、助長させてしまう原因になっている事が多くあります。

●女性の場合、骨盤の状態が大きく生理や妊娠に関してなど女性特有の症状に影響する事が多くあります。

骨盤の歪みや捻じれは子宮の状態や位置に大きく影響すると言われ、骨盤の状態が悪くなると子宮や卵巣に緊張をもたらし、ストレスがかかる事でその働きが低下すると言われています。

そうした影響などから女性ホルモンの分泌が不安定になったり、生理に関しては重さやPMS(月経前症候群)などを助長し、また不妊や出産に関してもその影響は大きいと言われています。

●他にも骨盤の開きや変位は胃や腸など内臓位置を引き下げ、それにより下腹部が突き出てしまういわゆる「ポッコリお腹」の原因となったり、骨盤の捻じれはウエスト位置を変化させ、腰回りの体型を大きく崩してしまう原因となります。

そして骨盤の歪みは重心の崩れや身体の傾きを生み、その影響は全体の姿勢の崩れを生む原因となるのです。

それに先ほど述べたように子宮に関する影響で女性ホルモンの分泌が不安定になる影響や内臓位置の変化によって、体重が落ちにくくなったり、痩せ辛い状態や体質に陥ってしまう事も多くあります。

それに下がってしまった胃や腸などの臓器がその下にある子宮や膀胱などを圧迫し、それもまた子宮の働きの低下の原因となってしまったり、膀胱が圧迫されることにより、頻尿などの排尿障害の一因になる事もあります。

この様に骨盤の変位や歪み、捻じれは腰や骨盤周辺、足や股関節のの痛みや症状のみならず、特に女性においては、身体や健康において非常に大きく広い範囲で影響が出るまさに健康の”要”と言うべき重要な場所なのです。

骨盤の問題を生じさせるその原因は?

骨盤の問題となる捻じれや歪み引き起こしてしまう原因は、主に日常のちょっとした動作や癖、それに筋力の低下などに起因すると言われています。

骨盤は中央に位置する仙骨を中心に、そしてその左右に位置する腸骨の3つの骨で成り立っています。

その仙骨及び2つの腸骨の位置やバランスが崩れたり、変位してしまったりした状態を一般に「骨盤の歪みや捻じれ、ズレ」と呼びます。

その「骨盤の歪みや捻じれ」は日頃の動作の繰り返しなどで徐々に悪化したりすることが多いと言われています。

例えば、日頃から頻繁に足を組む癖があったり、床にお尻をつけてペタンと座る様な座り方(アヒル座りとか女の子座りと呼ばれる様な座り方)をする、他にも鞄の片掛けなどの動作や癖が普段からあるという方は注意が必要です。

ちなみに靴のかかとや外側が減っていたり、左右の肩の高さが違う、股関節に痛みがあるような場合は骨盤にトラブルが起こっている可能性があります。

更に女性の場合は妊娠や出産時、そして生理時には女性ホルモンの一つである”レラキシン”というホルモンが分泌されるのですが、そのホルモンは身体の筋肉や靭帯を緩めるという性質を持っています。

それ故に女性の場合、レラキシンが分泌されている生理時や妊娠時には普段からの癖による骨盤などへの悪影響が助長されて、更に大きな骨盤の歪みや変位に繋がってしまいます。

その上、女性の場合は出産があったり、骨格を支える筋肉の量も男性よりは少ない為、骨盤のみならず骨格に対してのズレや歪み自体が男性よりは起こりやすいのです。

骨盤の歪みや変位、問題を防ぐには?

骨盤のズレは歪みは日常の小さな癖や動作が起因したり、影響していますので、まずはその原因となっている癖や動作を頻繁に行わない様にしていく事が大切ですし、骨盤周辺の筋力の低下防止や維持の為、そして筋肉についてしまった歪みの原因となる癖を解消する為のエクササイズやストレッチ、体操などが有効です。

●骨盤の歪みや捻じれを生んでいると思われる動作や癖をチェックし、その動作をや癖を頻繁に行わない様にしていく事がまず大切です。

●普段より骨盤周辺の筋力の低下を防ぎ、また維持する為に日頃の生活の中で歩いたり、自転車に乗ったりする機会を増やしたり、ウォーキングや腰回りの筋肉に対するエクササイズ、ストレッチなどを習慣づけて行う事が正しい骨盤の状態を維持する為には重要と言えます。

●女性の場合は生理時の行動や動作には更に気を使い、生理中の極度な力仕事や激しい運動などは避けるのが無難であると言えます。

そして骨盤の歪みや捻じれの影響が原因で出ていると思われる症状がすでに出ている場合、骨盤矯正などを行い、一度正常な状態に骨盤を戻してから正しい状態を維持していく為の努力をするのが最も有効です。

ご自身の骨盤が「どの様な状態で、どう歪んでいるのか?」まずはそれを把握する為にも一度、骨盤矯正を行ってい様な知識のある専門家、治療院などでチェックすることをお勧めいたします。

   カイロプラクティックでの骨盤の問題へのへのアプローチ

骨盤スラスト画像

カイロプラクティックでの骨盤の問題へのアプローチでは仙骨、2つの腸骨のバランスを整える為の矯正を行い、それに加えて今度は骨盤に問題を起こしている原因と思われる癖や動作などを特定して指導を行ったり、予防の観点から骨盤周辺の筋肉についた歪みの原因となっている癖を解消する為、それに正しい状態を維持する為のエクササイズやストレッチ、体操や運動の指導などを行います。

「骨盤の歪み、捻じれ」と言っても十人十色、それぞれ状態や歪み方、症状も違います。

その状態や歪み方に対して正確なアプローチ、矯正を行う事が非常に重要です。

骨盤は人体の中で建物で言えば基礎にあたる構造的にも重要な部位で、特に女性にとってはまさに健康の「要」だと言えます。

つまり、その大切な骨盤を正しい状態に保つという事は、健康維持と言う観点でも非常に有効で大切な事なのです。

カイロプラクティックは骨盤の変位や歪みに対し、それを矯正、正しい状態に導く為の手段として非常に有効だと言われています。

骨盤の歪みや捻じれが気になる、また腰や骨盤周辺、足や股関節に痛みがあると言う様な場合は一度、ご相談して頂く事を強くお勧めいたします。

当日のご予約も承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい!!(ご予約、ご相談は休診日中も受け付けております。)


ご予約は⇒048-699-4417

ページの先頭へ