坐骨神経痛について

坐骨神経痛画像

腰痛などに伴う事が多く、臀部、そして大腿を中心に足に強い痛みやしびれを伴う坐骨神経痛と言う症状。
しかし「坐骨神経痛」とは病名ではなく、その症状の総称を表すもので、その原因は様々です。

●坐骨神経とは腰椎の4番、5番、仙骨の前面から梨状筋の下を通り、大腿後面中央を下降しひざの裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ下肢~足裏に走行する人体の中で最大の長さと直径を持つ末梢神経です。

●半腱様筋や半膜様筋、大腿二頭筋、大内転筋など主に大腿の後面の筋肉群、足の後面を支配しており、この神経が脊髄や神経根で圧迫されることによって起こる痛み、痺れなどの症状を坐骨神経痛と言います。

●主におしりから太ももの後ろ側にかけて鋭いや強い鈍痛やしびれが起こり、酷くなると症状は足全体、かかとや足の裏にかけても痛みやしびれが及ぶ場合もあります。

また腰痛を伴う事も多く、身体を前にかがめる事や後ろに反らす事も辛くなったり、痛みや足に力が入らないなどが原因で歩行が困難になったり、痛みにより椅子に座ることも困難になる様な場合もあります。

坐骨神経痛を生じさせるその原因は?

坐骨神経痛の原因としては、主に腰部で起こる問題を中心に幾つかの理由が考えられます。

最も多い理由としては腰椎の部分や仙骨付近での神経圧迫によるもので、仙骨や腰椎の変位や椎間板の突出(椎間板ヘルニア)などで発症するケースが主なものだと言われています。

比較的高齢の方やスポーツなどで腰に極度の負担がかかる方の場合、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、腰椎すべり症、変形性腰椎症などで同じく腰椎付近の神経が圧迫されて起こるケースもあります。

それに坐骨神経の側にある梨状筋が過緊張するなどして、坐骨神経を圧迫する梨状筋症候群など筋肉が坐骨神経を圧迫するケースもあります。

その他、脊髄や骨盤内での腫瘍、帯状疱疹などの病理で坐骨神経付近の症状を伴う場合も稀にあります。

坐骨神経痛、どうすればいいの?

まずは腰の問題を中心に原因に則した治療や施術を行う事が必要ですし、日頃から姿勢などを中心に腰部などへの継続的負荷を避ける事を心がけ、また腰を支える筋力を維持する為の運動を行うなどまずは症状が出ない様に予防していくという事が重要です。

●日頃から適度な運動や腰やその周囲の筋肉に対してのストレッチなどの柔軟体操を行い、腰周辺の筋肉の疲労が溜まらない様にする事や腰自体を柔らかく保つことで腰椎にかかる負担を軽減して変位を防ぐ様に心がけましょう。

しかしすでに症状が強く出ている場合、まずは腰部への負担をかけない様に長時間の座位を避けたり、場合によってはコルセットなど装具を装着し、下部腰椎や仙骨を固定する事で一定の症状軽減が期待出来る場合があります。

●症状がすでにかなり強く耐え難い程の痛みや症状を伴う場合、病院など医療機関で受診し、レントゲンやMRI等で状態を把握し、その状況に沿った治療を受ける事も重要です。

医療機関では鎮痛剤やブロック注射などの薬物療法、それに温熱治療や電気治療などの理学療法、そして状態によっては手術を要するケースもあります。

●そしてカイロプラクティックや整体などの手技療法により、腰椎や仙骨、そして関連筋に対するアプローチで症状が大きく改善する事も多くあります。


しかしそれでも症状が解消されない場合、その原因に対しそれぞれに適した治療や施術を受けなければ症状の改善にはつながりません。

腫瘍性などが原因の場合は、病院で適切な処置や治療を受け、痛みや不調を引き起こしている原因となっている腫瘍に対しての処置を行わなくては症状は改善されません。

一方、下部腰椎や仙骨、梨状筋などの関連筋による症状の場合、それぞれの問題に適したアプローチでの施術や治療を行い、その腰椎や仙骨の変位や関連筋の緊張や問題を問題を解決しなくては症状は改善していきません。

いずれにしても、まず大切なのは「その痛みや症状の原因は何なのか?」と言う事を突き止める事だと言えます。

その為にはご自身がお悩みになっている症状の特徴を細かく把握し、医師や施術者に正確に伝えるようにし、それでも改善しない場合は他の場所でセカンド・オピニオンを仰ぐ事も大切です。

   カイロプラクティックでの坐骨神経痛へのアプローチ

腰椎スラスト画像

カイロプラクティックでの坐骨神経痛へのアプローチとしては主に腰椎や仙骨の変位を中心にそれを解消する施術を中心に行っていきます。

下部腰椎や仙骨での変位による神経圧迫により症状が起こっている場合、原因となる腰椎や仙骨の変位を正しい状態、また神経の圧迫が起こらない様な状態に導く事により、大きく症状が改善する事が非常に多くあります。(実際に当院でも非常に多くの方々に喜んで頂いております。

また関連筋の緊張や問題は骨盤などの歪みやその影響により起こっているものも多く、その関連筋の問題を引き起こす一因となっている腸骨の変位や骨盤の歪みを解消し、関連筋への負担を軽減する事により、間接的に筋肉にアプローチしていく事も非常に有効な手段の一つとされています。

関連筋に関しては、その様に構造的な問題の解消と同時に症状に影響していると思われる筋肉への弛緩などの施術を加える事で更に症状の軽減が期待出来ます。

また、元々の原因となってしまった腰椎や仙骨の問題、関連筋の問題は日頃からの姿勢の乱れやそこから起こる骨盤の歪みが大きく影響している場合が多くあります。

そういった観点からも一つの予防策として、骨盤や腰椎に歪みや変位が起こっている場合、症状が出てしまう前に症状が起こらない様な状態に正常化させ、それを保つ事は非常に重要だと言えます。

この様にカイロプラクティックは坐骨神経痛に対しても、症状解消の有効な手段の一つだと言えるのです。

当日のご予約も承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい!!(ご予約、ご相談は休診日中も受け付けております。)


ご予約は⇒048-699-4417

ページの先頭へ